「海賊と呼ばれた男」 上・下巻

百田尚樹 著  講談社文庫

を読みました。

第二次世界大戦の終戦直後。
敗戦によって何もかも失った日本の復興のために立ち上がった男たちが、戦後の日本経済を完全に支配しようとした米英の巨大資本を相手に挑んだ死闘の数々と、奇跡の勝利の物語。

読み始めてすぐに引き込まれ、やめられなくなって、あっという間に読み終わりました。

内容を詳しく書くわけにはいきませんので、上巻下巻それぞれの裏表紙と帯の文章を紹介させていただきます。

――――――――――――――――

【上巻 裏表紙】

一九四五年八月十五日、敗戦で全てを失った日本で一人の男が立ち上がる。
男の名は国岡鐡造(くにおかてつぞう)。
出勤簿もなく、定年もない、異端の石油会社「国岡商店」の店主だ。
一代をかけて築き上げた会社資産の殆どを失い、借金を負いつつも店員の一人も馘首(かくしゅ)せず、再起を図る。
石油を武器に世界との新たな戦いが始まる。

【上巻 帯】

石油は庶民の暮らしに
明かりを灯し、国すらも動かす。
「第二の敗戦」を目前に、
日本人の強さと誇りを示した男。

ページをめくるごとに、溢れる涙。
これはただの
経済歴史小説ではない。


【下巻 裏表紙】

敵は七人の魔女(セブン・シスターズ)、待ち構えるのは英国海軍。
ホルムズ海峡を突破せよ!
戦後、国際石油カルテル「セブン・シスターズ」に蹂躙(じゅうりん)される日本。
内外の敵に包囲され窮地に陥った鐡造は乾坤一擲(けんこんいってき)の勝負に出る。
それは大英帝国に経済封鎖されたイランにタンカーを派遣すること。
世界が驚倒した「日章丸事件」の真実。

【下巻 帯】

若き頃、小さな日本の海で海賊と呼ばれた男は、
石油を武器に、世界と対峙する
大きな野望を持っていた。

愛する家族、社員、そして
この国の未来のために。
この奇跡のような英雄たちは、実在した。

――――――――――――――――

「竜馬がゆく」で明治維新前夜を
「坂の上の雲」で日清・日露戦争の頃を
「永遠の0」で第二次大戦中を
「海賊と呼ばれた男」で第二次大戦後を

続けて読むと日本の近代史をわかりやすく勉強出来ます。




コハク ブレスレット
赤 8mm 黄 7mm 緑 6mm
¥19,800,‐

リトアニア産の珍しい赤色や緑色のコハクのブレスレットです。
実物は本当に綺麗で、特に赤色はハッとするほどの鮮やかさです。




下巻を読み終える頃にふと心に浮かんで、そのまま、自分の中で真実のようになってしまったのですが…。

主人公の国岡鐡造(くにおかてつぞう)こと、出光興産の創業者・出光佐三(いでみつさぞう)氏こそ、

坂本龍馬の生まれ変わりではないかと思えてなりません。



☆ . 。* : ・ ゜ ★ . 。 * : ・ ゜