「そば焼き」と「焼きそば」はどう違うのか?

ウィキペディアによると「そば焼き」という言葉は神戸市だけの方言ということになっていますが、神戸では昔から「そば焼き」と「焼きそば」という二つの言葉が使い分けられていました。
普通に考えれば、どちらか一つで間に合いそうなものですが、それでは、なぜ神戸に「そば焼き」と「焼きそば」という二つの言葉があったのかと言うと、関西のほかの都市・地域に比べて、古くから神戸にはたくさんの中華料理店があったためだと思われます。

神戸では昔から

「そば焼き」と言えば、お好み焼き屋さんの料理。

「焼きそば」と言えば中華料理屋さんの料理。

と、決まっていました。

たとえば、お好み焼き屋さんのメニューでは
そば焼きではスジそば(牛スジ肉とこんにゃくのそば焼き。焼きは省略)・豚そば・たこそばなど。
お好み焼きではねぎ焼き(ねぎのお好み焼き。お好みは省略)・スジ焼き・豚焼きなどで
焼きスジそば、焼き豚そば、焼きねぎ、焼きスジとは言わないように、「焼きそば」とは言いませんでした。

一方、中華料理屋さんのメニューでは
焼きそば・汁そば・五目汁そば・焼きビーフン・ワンタンメン・チャーシューメンなどで
そば汁、ビーフン焼き、メンワンタン、メンチャーシューとは言わないように、「そば焼き」とは言いませんでした。

そんな訳で、昔の神戸では基本的に

「そば焼き」のように「焼き」が後に来るのはお好み焼き屋さん。

「焼きそば」のように「焼き」が前に来るのは中華料理屋さん。

という表現・区別で通じていました。

あと、余談ですが、近年、神戸市長田区の発祥というふれこみで人気の「ぼっかけ焼きそば」というものがあります。

「ぼっかけ」と言うのは牛スジ肉とこんにゃくをあまからく煮込んだ「すじこん」の別名で、昔から神戸ではうどん屋さんのメニューに「ぼっかけうどん」というのはありましたが、お好み焼き屋さんでは上記のように、そば焼きなら「スジそば」、お好み焼きなら「スジ焼き」と言ってましたので、「ぼっかけ焼きそば」というような名称は聞いたことがありませんでした。

そもそも「ぼっかけ」という言葉が「ぶっかける」から来ていますので、うどんのように上に乗せるのならともかく、そば焼きは具を混ぜて焼くのですから「ぼっかけ」というネーミング自体が変です。

「ぼっかけ焼きそば」という言葉は神戸およびその近辺で生まれ育った人なら少し前まで誰も知らなかったと思います。

そう言えば、タコの切り身の入った丸い「たこ焼き」を「焼きたこ」とは言いませんし、「たこ焼き」のルーツでもある玉子たっぷりの「明石焼き」も「焼き明石」とは言いません。

ちなみに、神戸ではたこ焼きも明石焼きも三つ葉やねぎなどの入った温かいお出汁につけて食べるのが昔からの習慣ですが、たこ焼きの方は少しソースを塗ってからお出汁につけるのがおすすめです。
あたたかいお出汁にソースを塗った熱いたこ焼きをひたし、お箸でたこ焼きに穴を開けてたこ焼きの中にお出汁が十分入ったところを口に入れると、たこ焼き・ソース・お出汁の三つが一つになって本当においしいです。

(おまけ)
名前は忘れましたが、昔、長田神社の参道、長田商店街の南にあったお好み焼き屋さんではおでん(関東煮)もやっていて、お客さんの注文があると平天やじゃがいも、こんにゃく、牛スジ肉など、何でもお好み焼きやそば焼き、焼き飯にきざんで混ぜて焼いてくれました。
我が家では今でも、おでん(関東煮)の日は少し残して、明くる日におでん入りのおでん焼き飯を作るのを楽しみにしています。

(補足)
最近は「関西おでん」とか単に「おでん」と呼ばれることが普通になった関東煮ですが、本来の関東煮は材料をすべて鍋の中に一緒に入れて沸騰させて煮込んでから、一晩置いて一旦冷まし、鍋の中に溶け出して混じりあい一体になった材料の旨みが夜の間にもう一度すべての材料にしみこむようにしたもので、材料個々を別々に分けて沸騰させずに煮る関東地方のおでんとは根本的に別の料理です。
私の家ではおでん(関東煮)を食べた後のお出汁をそのつど冷ましてから茶こしでこして冷蔵庫で冷凍し、継ぎ足し続けてもう20年以上使っています。



☆ . 。* : ・ ゜ ★ . 。 * : ・ ゜