学生時代にいつも使っていたプラスティックやセルロイドの下敷き。

その下敷きを同じぐらいの大きさの封筒に入れて封をし、反対側からもう1枚の封筒に入れて、また封をして、封筒の四隅の尖っているところを指で潰して丸みをつけます。

私はこれを2枚作って、愛用のリュックのメインコンパートメント(主室)の中に入れて仕切り板として使っています。
下敷きというのはペラペラのようですが、けっこうしっかりしていて、荷物の整理にとても役に立ちます。
同じく仕切り板として小ぶりのウチワも一つ入れてますが、ウチワとしても使えますし、こちらも重宝しています。

仕切り板の間に手帳や本などを入れておけば痛まなくて安心です。
リュックを愛用されている方で使っておられない方は是非一度お試し下さい。



ラピスラズリ ブレスレット
直径 8 mm  内寸 16 cm
¥13,500,‐


とても鮮やかで綺麗な色のラピスラズリのブレスレットです。
ラピスラズリ、和名 瑠璃(るり)は古来からその深い青色が愛されて来ましたが、宝石としてだけではなく、「真珠の耳飾りの少女」などで有名なオランダの画家 フェルメールが好んで使ったウルトラマリンブルーと呼ばれる青色の絵の具も、このラピスラズリが原料です。


――――――――


ちなみに、少し小型のリュックの場合はメインコンパートメント(主室)の大きさに合わせて下敷きを切り、切ったラインと角にヤスリをかけて丸みをつけてから、同じぐらいの大きさの封筒に入れて使っています。
もう少し小さいリュックなら一枚の下敷きを半分に切って二枚にして使ってもいいと思います。
あと、どうしても封筒が大きい場合は余った部分を上部や横で折り畳んで糊付けしたり、折り畳んで曲げた部分が大きければ、そのままにして間に領収書などを挟むのに使っています。

【おまけ】
日本手拭いが手に入る方は、一枚か二枚を畳んでリュックの底に敷いておくと荷物が安定して乱れませんし、必要な時には手拭いとしてはもちろん、包帯やヒモの代わりにも使えます。


☆ . 。* : ・ ゜ ★ . 。 * : ・ ゜