人類がいつ頃から指輪をはめるようになったかは正確にはわかっていません。
古いところでは、ギリシャ神話の中に、プロメテウスが最高神ゼウスの怒りを買い、罰として鉄の指輪をはめさせられた、と言う話が出て来ます。
なんか孫悟空の頭の輪っかみたいですが…。
神話の時代というか、ギリシャ神話がつくられた時代には指輪はあったみたいですね。

それから、エジプトのピラミッドの中からも、現存する最古の指輪が見つかっていますし、古代ケルト人は髪の毛でつくった指輪をはめていたそうです。
日本では縄文時代の遺跡から指輪が見つかっていますが、その後は途絶えて、次に現われるのはオランダ人によって持ち込まれる16世紀になってからです。

指輪の用途は「印章(印鑑)」「鍵付き」「罰として」「契約書」「婚約の証明」「束縛・服従の証明」「武器」「自殺・毒殺用の毒を仕込んだもの」など様々でした。

また、左手の薬指に指輪をはめるようになったのは、古代ローマの解剖学で、左手の薬指が心臓に直結しており、心臓の中にその人の心(愛も?)があると信じられていたからです。
ロマンチックですが科学的な根拠はありません。

ちなみに、婚約指輪の値段が男性の「給料の3ヶ月分」と言う基準ですが、あれはデ・ビアス社が日本でのキャンペーンで言ったことで、ヨーロッパでは「2ヶ月分」アメリカ合衆国では「1ヶ月分」でキャンペーンをしたそうです。
古くからの言い伝えとか習慣ではありません。
最近の日本では1ヶ月分から2ヶ月分の間が多いそうです。

null

金とダイヤモンドの指輪。(イスラエル製)


《おまけ》

自分が本当は右利きなのか、左利きなのか、利き腕の見分け方。

私は生まれながらの左利きだったんですが、小さい頃に無理矢理に矯正されて、箸を持つのと、字を書くのだけは右手で出来るようになりました。(自分の字がどうしようもなく下手なのはそのせいだと確信しています!)
そのほかは、ほぼ全部左手を使いますが、右手をケガした時などは左手で不自由なく箸を使えます。

と言うことで…
実際は左利きなのに、ご両親によって無理矢理に、あるいは、ご両親もご本人もまったく気付かずに知らない間に、右利きに矯正されて、そのまま大きくなってしまったという人が、以外とたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、その人が先天的に、右利きだったのか、左利きだったのかを簡単に判別する方法があります。

まず、両腕を胸の前に伸ばし、両方の手のひらで挟んでピストルを握っていると想像して下さい。
そして、そのピストルを目の高さまで持ち上げて、何かを的にして狙いを定めて下さい。
その時に、あなたが的を見ている目が左目なら、あなたは先天的には左利きですし、的を見ている目が右目なら、あなたは先天的に右利きです。

左目で的を狙う(見る)人は先天的には左利きですから、普段、右利きとして生活して来られていたら、運動神経の面などで違和感があったかも知れませんね。

☆.。*:・°★.。*:・°